焼き鳥特集

[vc_row][vc_column][vc_column_text]  24th May. Featured this week 3回目に訪れる焼き鳥店 / 今週の特集   ようこそ日本の食の世界へ
ようこそfoodots.へ

「3回目に訪れる焼き鳥店」

あなたはもう、焼き鳥を食べたであろうか?
鶏の部位ごとで串に刺され、炭火で焼かれたその一口サイズの肉たちのジューシーさと絶妙な歯ごたえと塩っ気が利いた味を一噛みすればきっと、舌鼓を打つであろう。
少しの肉ながらたくさんの種類味わう、それはまさに殿様食いでもあろう。[/vc_column_text][vc_column_text]①日本一予約の取れない焼き鳥店 芸術にまで高めた焼き「鳥しき」
本来、焼き鳥には季節はないが、店内に四季を感じさせる佇まい。凛とした空間で味わう焼き鳥。焼き鳥が単なる酒のあてではなく、一つの料理の完成形であることを堪能させてくれる東京を代表する名店である。[/vc_column_text][vc_single_image image="2285" img_size="full" add_caption="yes" alignment="center"][vc_column_text]鶏を丸ごと焼いたり、フライドチキンで味わう文化圏の人々にとって「焼き鳥」の部位で食べるスタイルは、さぞかし革新的なスタイルではないだろうか。
そしてあなたは思うはずだ。「我が国も欲しい!」と。とここで非常に誤解されがちなのは、「串にさして焼く」というシンプルな調理方法ゆえに「焼き鳥なんて俺にも出来るべ」と思ってしまうことだ。「だって、あんなのバーベキューと同じだべ?」思っているあなた、それは大間違いだ。

多くの日本人は知っている「串3年 焼き一生」。

これは焼き鳥の職人がいかに技を極めるのが大変かを表す言葉だ。一見、単に串に刺しただけだが、素人が刺せば、串からスルリと抜け落ちたりしてしまう。また、炭火で焼くときに手元の部分が、火が通りにくくなっているために実は肉が小さくなっていたり、また、部位によって火加減が変わったりと細かな配慮と技術が詰め込まれているのだ。[/vc_column_text][vc_single_image image="2286" img_size="full" add_caption="yes" alignment="center"][vc_column_text]そこで、今回、foodots.ではおすすめの焼き鳥店をご紹介したい。しかし、紹介する店に行くのは3回目にして欲しい。言うなれば、紹介する店にいきなり行くことは、最初からフェラーリに乗るようなものだ。まずはファミリーカーなり、コンパクトカーで走る喜びを知った上での次なるステージと考えてもらいたい。

「ではいつならいいんだい?」という声もあるだろうが、焦らないで欲しい。まずは、居酒屋というどの駅前にも存在する店で「焼き鳥」体験をして欲しい。いわゆる日常使いの普段から日本人に親しまれる味だ。2回目はカウンターのある席で、「焼き鳥」を味わって欲しい。目の前で焼かれるライブ感、隣の席の人との会話をたっぷり楽しんで欲しい。(町場の焼き鳥の良さはまた、別の機会に紹介しよう。)

あなたもこれで日本人が普段、味わう焼き鳥を知ったはずである。さあ、これを踏まえたうえで、今回、ご紹介するサードステージの店だ。すでに2度、焼き鳥を味わったことで、焼鳥の魅力を知ったと思うがその思いをさらなる感動が上書きされるだろう。

さあ、焼き鳥の味体験をどうぞ。

お店の紹介[/vc_column_text][vc_video link="https://www.youtube.com/watch?v=W1OLp-JBerw&t=3s"][vc_column_text]②養鶏から手掛けるこだわり 別次元の素材から別格の味が生まれる「焼鶏ひらこ」
店で提供されるひらこ鶏の餌となるのが「旬のもの」。栄養をたっぷり蓄えた野菜や穀物を与え、1年かけて育てている。鳥は、串打ちせずに炭火焼きして提供。鶏が産んだ濃厚な卵も 絶品。オムレツや丼物、たまごかけご飯の定番料理も 格別の美味しさがある。[/vc_column_text][vc_video link="https://www.youtube.com/watch?v=SKw0tn6g3-M"][vc_column_text]③銀座ランチの新定番「鶏まぶし」一つの丼で4つの味わいが楽しめる逸品「銀座かしわ」
比内地鶏の専門店「銀座かしわ」では創作料理とワインの ペアリングが楽しめる。おすすめがランチ限定の「鶏まぶし」 鶏のもも、ムネ、皮を焼き、20年引き継がれる伝統のタレで 味付けたものをご飯に乗せる丼めし。鶏まぶしには4つの 食べ方がある。
(1)そのまま味わう。
(2)次に厳選した薬味を乗せて味わう。
(3)比内鶏の卵黄を乗せて味わう。(日本では生卵をごはんに 乗せて食べる文化がある。
(4)最後に鶏のスープをかけて 味わう。スープだけ飲んでもまた美味しい。[/vc_column_text][vc_video link="https://www.youtube.com/watch?v=4TkqLvrUjB8"][vc_column_text]④白米に鎮座する焼鳥 一粒が大きい鶏肉に舌鼓「とり仟」
オフィス、住宅が入り組む一角に店を構える。狭い店内にはひっきりなしに客が訪れる焼き鳥屋。ランチに提供される丼には焼き鳥の好きな本数を乗せて食べる。4本ならネギま、もも肉、つくね、ささみが並ぶ。ネギまは、ネギに薄切り肉が巻かれたり、つくねも食べ応え十分、他では味わえない串が楽しめる。ご飯と共にかきこみたい。[/vc_column_text][vc_video link="https://www.youtube.com/watch?v=iAPJgQ3LDs4"][vc_column_text]⑤旬の野菜から小鉢まで 鶏懐石の妙味に唸る「とり喜」
店主は、千駄木の焼鳥の名店で12年修業したのち、2001年に独立。食材を厳選し、国産の地鶏と、野菜は旬の新鮮な物を仕入れ、毎朝丁寧に仕込む。大きな団扇を仰ぎ、備長炭の温度調節を絶妙におこないながら、一串一串丹念に焼き上げるその様は、さすが職人技と言え、仕上がりは抜群の火入れだ。常連客は皆、鍛錬された職人の焼鳥に病みつきになる。[/vc_column_text][vc_video link="https://www.youtube.com/watch?v=jg4FE75ab_8"][/vc_column][/vc_row]